インターン紹介

Internship Case Studies

CASE1

氏名:諸冨 鉄之助
当時所属:環境マネジメント専攻 修士課程(社会基盤親和技術論分野)
研修機関:国立環境研究所
研修国:日本

私は国立環境研究所で3か月間のインターンシップを行いました。災害廃棄物処分の地盤工学的課題に関する研究という政策決定に直結した喫緊の課題に対して、研究所内での実験と所外6現場でのフィールド調査に携わりました。室内実験では、最先端の実験装置の使用方法や、研究全体の中での実験が担う役割について、一流の研究者の方々から直接学ぶことができました。私は自然災害に伴う新たな政策的、技術的課題を解決するための実験装置の開発に携わりましたが、その際大学で学んだ専門知識を活かして仕様設計に貢献するなど、学問と実務の繋がりを認識する貴重な機会となりました。また所外では処分場安定化調査を行い、論文を読むだけでは得られない現場感覚を体得できました。地球環境学舎のインターンシップ研修は、修士論文の執筆を控えている学生や研究職への就職も考えている学生にとっても、必ず大きな手助けとなるプログラムです。

CASE2

氏名:Lincoln Waweru Gathuka
当時所属:環境マネジメント専攻 修士課程(社会基盤親和技術論分野)
研修機関:日本工営
研修国:日本

During my master’s program at GSGES, I experienced 3-months' life at Nippon Koei Co., Ltd. in Tsukuba, Japan. While at Nippon Koei I was engaged in a variety of ongoing research projects such as, water quality investigations and geotechnical characterization of construction materials, as I collaborated with the staff in laboratory experiments and field works. In addition, I participated in several in-company seminars where I received mentorship and training on key issues related to environmental sustainability in infrastructure development. My takeaway from Nippon Koei internship is never to be afraid of pursuing something out of your comfort zone; when I started my internship I was afraid of how it would turn out because of issues such as language barrier, and having to adapt to a new working environment, but it is incredible to have your contributions in projects and hard work pay off in an observable and tangible manner. Through the support and encouragement from the entire Nippon Koei staff, the internship at the end turned out to be a challenging but a great and unique learning experience.

CASE3

氏名:笹原 千佳
所属:環境マネジメント専攻 修士課程(景観生態保全論分野)
研修機関:ジョモケニアッタ農工大学
研修国:ケニア

私は2016年後期の3ヶ月間、ケニアのジョモケニアッタ農工大学にてインターン研修に参加しました。

研修では、「自生竹の生態調査」を行いました。この調査を行うために、前期の間から現地の教授とメールで相談をしながら一緒に研究計画を作成していきました。現地でのフィールド調査は、現地の学生と協力し合いながら常に笑顔や歌声の絶えない調査でした。その一方で、調査地の車の故障や急な天候変化による作業の中断等にも見舞われ、当初の予定よりも調査の進行は遅れてしまいました。そのため、研修中に得たデータは1つの研究のためには不十分でした。しかし、この経験から海外で調査を行う際の心構えを学ぶことが出来ました。

研修以外では、大学で日本語の授業を担当していました。そこで出会った学生達とは、よく週末を共に過ごし、沢山の思い出を作ることが出来ました。

このような素晴らしい経験と思い出を与えてくれた研修に大変感謝をしております。

CASE4

氏名:Chua Min Li
当時所属:環境マネジメント専攻 修士課程(環境調和型産業論分野)
研修機関:日本下水文化研究会
研修国:バングラデシュ

My name is Chua Min Li, Master’s student of GSGES, under Professor Shigeo FUJII’s laboratory. With the research interest on sanitation issues in slum communities of developing countries, I was an intern of Japan Association of Drainage and Environment (JADE) in Bangladesh, particularly in Khulna city with additional technical support from Khulna University.

The work scope focused on daily activities among slum people that act as fecal transmission pathways contributing to diarrheal infection. In order to understand better of their living behaviours, videography and household interview surveys were conducted while microbial study was carried out by collecting Escherichia coli isolates from various potential fomites found in the living environment of the community, to investigate the main sources of diarrheal pathogens. I had also shared my findings in JADE’s workshop to raise awareness among housewives in the same slum by showing videography data focusing on children’s living behaviour associated with fecal contamination.

The worthwhile experience to work and stay in Bangladesh had broadened my life perspective and strongly enriched my knowledge, practical skills towards the research area of sanitation and public health. Aside from the academic point of view, the opportunity to get to know wonderful people and their culture personally there was simply sensational.

CASE5

氏名:畝本 拓人
当時所属:環境マネジメント専攻 修士課程(持続的農村開発論分野)
研修機関:University of Stirling
研修国:イギリス

本インターンシップの最大の特徴はその自由度の高さであると考える。私は実習を行ったスコットランドのUniversity of Stirlingは当初京都大学と縁もゆかりもない大学であったが、先方の大学にお願いをし、研修をさせていただくことが出来た。こうした無茶が叶ったのは先方の大学や関係者の方々のご尽力だけでなく、何よりも私自身の希望や想いを受け入れ、それを叶えるべく支援を行い、環境を整えて下さった地球環境学舎や指導教員の先生方の協力あってのことだと考える。そうして叶ったインターンシップでは、研究においては現地の指導教官の方と週に1度綿密なコミュニケーションを取りつつも主体的に行動できたことで、非常に充実した研究生活を送ることが出来た。また私生活においても、現地の日本人コミュニティや英会話教室などに参加することで、非常に楽しく貴重な多くの経験を得ることも出来た。夢と情熱を持って通常の の留学やインターンでは得ることが出来ない刺激と経験を求める学生にとって本インターンシップはとても良い機会になると私は考える。

CASE6

氏名:K.C. Sharda
当時所属:環境マネジメント専攻 修士課程 (陸域生態系管理論分野)
研修機関:日本国際民間協力会(NICCO)
研修国:日本

The lectures and seminars delivered in English and the internship program attracted me to join GSGES for my master's degree. GSGES provided an excellent way for holistic education that encourages one to purse his or her own goal. As a rule of GSGES, I completed 3 months internship at Nippon International Cooperation for Community Development (NICCO) at Kyoto, Japan with a theme of Eco-friendly Agriculture for Community Development. The NICCO was chosen as a host organization to understand its role in community development and livelihood improvement. During my internship, I got a chance to visit and work in the organic farm of NICCO at Shiga Prefecture and learn the technique of organic farming including winter flooded rice which was new technique for me. I learned the differences between convenient rice transplanting and winter flooded rice after the conversation with local farmers. I am always thankful to the internship program and NICCO itself for introducing me about the eco-san toilet which I decided to research during my master's program. At the time when I was not able to decide the research topic, the internship study really helped to achieve real experiences about the work and to get the idea for further research. I am very much thankful to the GSGES to make internship as a part of our study. The knowledge acquired during my master's course is also contributing to my doctoral course at GSGES.