地球環境学専攻(博士後期課程)

大学院修士(博士前期)課程で専門教育を受けた学生を対象として、地球益学廊、地球親和技術学廊、資源循環学廊の3学廊および三才学林と密接な関係をもちつつ、地球環境問題の広範な課題から専門的な個別課題を選び、既修学問分野の特徴を生かしつつ、人文社会科学系と理・農・工学系の双方にまたがる新しい融合的教育を行います。学位取得後は、大学や環境関連の国立・民間研究機関で活躍することになります。

1. カリキュラムの構成

高度な研究者を養成するため、演習とセミナーを中心とし、環境マネジメント専攻で開講する科目を必要に応じて履修指導します。

入学と同時に指導教員(論文審査主査)と副指導教員(論文副査)各1名を決定し、学際的な指導を受けることになります。

2. 学位取得までの進行過程

1年次:
指導教員の決定、研究計画の作成、審査・発表、論文中間報告(一次)、演習・セミナーの履修
2年次:
演習・セミナーの履修
3年次:
論文中間報告(二次)、演習・セミナーの履修、博士論文提出・審査・最終試験、博士(地球環境学)の学位授与

標準修業年限は3年ですが、とくに優秀な学生にあっては、短縮することも可能です。

3. 入学者の選抜について

入学者の選抜は、出願書類の内容、英語能力(TOEFL-iBTスコアを原則、TOEFL-PBT スコア、TOEIC 公開テストスコア、IELTS スコアでも可)、口頭試問(既修得分野に関する専門知識、研究計画のプレゼンテーション、並びに研究計画とその関連知識に関する試問)の成績を総合して行います。

4. 国際環境マネジメントプログラム(G30プログラム)

地球環境学専攻博士後期課程では、前述の一般プログラムのほかに「国際環境マネジメントプログラム(G30 プログラム)」を開設しています。なお、プログラムの詳細は、本大学院ホームページ内の http://www2.ges.kyoto-u.ac.jp/activities/educational-activities/g30-educational-program/ を参照してください。