水域生物環境論(協力分野)

スタッフ名、職名

山下 洋 教授
鈴木 啓太 助教

概要

主に食糧資源となる水圏生物の生態やその生産を支える生態系と水圏環境について,多様な視点から研究を進める。森林や里域の環境と人間活動が,河川,河口,沿岸域における水圏生物の生産構造と多様性に与える影響を調べ,流域と沿岸域の統合的な環境管理を検討する。

主要研究テーマ

森里海連環学

陸域生態系と沿岸域生態系の環境および両生態系間の健全な物質循環が,沿岸海洋域における豊かな生物生産を支えるという「森里海連環学」を検証し,そのメカニズムの解明をめざす。森里海の連環を分断する問題点を抽出し,解決策を検討する。

水圏生物の生産生態学

河川,海洋に生息する水圏生物の生態を解明する。とくに,栄養塩,基礎生産,プランクトンから大型底生動物や魚類に至るエネルギーフロー,および水圏生物の生活史,生残,成長,移動,食性などの生態について,個体群および群集生産の視点から探求する。また,河口,干潟域,藻場,砂浜海岸などのハビタットとしての役割とハビタット間の連環および生物多様性維持機構について研究する。

水圏資源管理学

自然環境下での資源生物の生産における地域固有の特性を明らかにし,資源を持続的に維持・管理する技術,環境修復や栽培漁業などを通した資源再生技術を研究する。