大気環境化学論

キーワード : 大気化学 光化学オキシダント レーザー分光

スタッフ名、職名

梶井 克純 教授
坂本 陽介 助教

分野ホームページ

概要

私たちが暮らしている地表付近の大気(対流圏)の問題としては

1. オキシダント(オゾン)の増加
2. 環境の酸性化(酸性雨など)
3. 温室効果気体の増加

などがあります。これらの現象の解明を行い精緻な将来予測を提供していくことが我々の研究の最終目的です。例えば、成層圏のオゾンは減少しており大きな社会問題として取り上げられていますが、対流圏では逆にオゾンが増えていることが問題となっています。オゾンは毒性が高いので人体や植生に大きなダメージを与えます。またそれ自体が温室効果気体です。オゾンの増加は人間活動による窒素酸化物(NOx)、一酸化炭素や炭化水素類の増加が原因と考えられています。これらの化学物質が大気中で太陽光による光化学反応を引き起こし、それによってオゾンが生成してくると考えられていますが、詳しいメカニズムを調べるためにはこれらの反応の中間体であるラジカルなどの大気中での濃度を実測する必要があります。

 私たちの研究室では、従来の方法では測定が困難な物質(反応中間体やごく微量な気体)について、レーザー分光法や質量分析法を用いた新たな測定装置の開発を行なっています。また、東アジア域の様々な地域でオゾン、一酸化炭素、反応性炭化水素などの長期観測を行なっており、その観測データを用いて東アジアの大気質の変動について詳しく調べています。

主要研究テーマ

  • OH反応性測定から見た都市大気質診断
  • 植物由来の揮発性有機化合物測定
  • 自動車排気ガス中に含まれる未同定成分測定
  • 都市大気中の光化学オキシダント生成能の評価