環境生命技術論

キーワード : 光合成生物学,微生物生態学,進化生物学,生物工学,遺伝子工学,環境負荷低減技術開発

スタッフ名、職名

宮下 英明 教授
土屋 徹 准教授
神川 龍馬 助教

概要

 光合成は、太陽放射エネルギーを変換し地球生態系に大量の化学エネルギーを供給する最も重要な反応です。陸域生態系では植物が、水圏生態系では藻類および光栄養細菌が、この反応を担っています。
 本分野では、光合成微生物の多様性解析や光合成機能の解析・改変を基軸として、光合成生物や光合成機構の進化過程を解明するとともに、環境に優しい物質生産技術および環境負荷低減技術の開発を行っています。特に、水圏生態系における食物網の根幹をなし、「光合成」を通じて生態系の形成・維持に重要な役割を担っているシアノバクテリアや微細藻類に着目し、フィールド調査による微生物生態学的解析、多様性解析、ゲノム解析、光合成機能の解析や改変、光合成機能の利用などの幅広い研究を行っています。

主要研究テーマ

  • 微細藻類によるバイオ燃料生産
  • 植物プランクトンの通年変動と環境適応(琵琶湖,熊野灘,外洋)
  • シアノバクテリアの代謝工学