地球益経済論

キーワード : 持続可能な経路への移行,エネルギー・環境・気候変動政策,環境・気候変動援助,多国間資金メカニズム

スタッフ名、職名

森 晶寿 准教授

分野ホームページ

概要

 環境経済・政策学のこの30年間の発展が示したことは,環境問題の解決には,個別の環境保全型技術や環境保全を促す政策の導入だけでなく,人間の活動基盤を構成する社会経済システムそのものを持続可能なものに移行することが不可欠なことである.しかし現実には,社会経済システム,特に大規模なインフラは社会に深く埋め込まれているため,短期間で技術的にも制度的にも代替的なシステムに移行させることは容易ではない.そこで,持続可能な社会への移行を促進する代替技術の開発とその広範な普及を可能にする政策,制度,主体に関する戦略立案やこれまでの経験の評価が求められる.

 地球益経済論分野は,この持続可能な社会経済システムへの移行を,主に経済学の観点から,国内外の事例分析に基づいて研究している.具体的には,

(a)持続可能なエネルギー・交通・都市・農業への移行プロセスの分析

(b)持続可能な社会経済システムを実現する政策,制度,資金メカニズムとその効果の解明

(c)持続可能な社会経済システムへの移行を妨げる国際的・国内的要因の解明

 なお,当分野は,京都大学未踏科学研究ユニットのグローバル生存基盤展開ユニットに参画している。

(http://www.kurca.kyoto-u.ac.jp/mito-kagaku-unit#TOC-2)

主要研究テーマ

  • 持続可能なエネルギー・交通・都市・農業への移行

持続可能な社会経済システムへの移行の重層的モデル

出所:Geels, FW. Technological transitions as evolutionary reconfiguration processes: a multi-level perspective and a case-study, Research Policy 31 (2002) 1257–1274 を基に筆者作成.

  • 多国間・二国間環境・気候変動対策援助・資金メカニズム

 

  • 中国の気候変動・エネルギー政策,一路一帯戦略及びその国際的影響

中国の気候変動・エネルギー政策のグローバル影響

出所:筆者作成

 

当分野学生の論文(2013-18年)

博士論文

・小川 祐貴,再生可能エネルギーへのエネルギー転換の経済効果~日本における多面的定量評価~,2018年3月.

・Dong L. (董 楽),Official Development Finance for Infra-System Transition towards Sustainability: Case of Kenya(持続可能なインフラシステムへの移行に向けた政府開発資金:ケニアを事例として),2018年3月.

・Kim, SY (金 小瑛),Economic analysis of EPR policy in South Korea(韓国の拡大生産者責任政策に関する経済分析),2015年3月.

・稲澤 泉,持続可能な交通に向けた施策の受容性,2014年9月.

・蔡 佩宜,多基準分析の適用可能性に関する研究—水資源管理計画を事例として,2014年5月.

・沼田壮人,持続可能な都市の実現に向けた自治体政策,2013年5月

修士論文

*Saculsan, PGJ, An Interplay between Structural Change and Power Relation in the Energy Transition in the Philippines(フィリピンのエネルギーシステムの移行における構造変化と権力関係の相互作用), 2018.

*Im, S. Effectiveness of Multilateral Funding for Climate Change Adaptation in Cambodia(カンボジアにおける気候変動適応への多国間資金メカニズムの有効性), 2017.

*奥村 瑞貴,タイのカドミウム汚染地帯における農業者の農作物生産, 2017.

*加志村 拓,風力発電事業に対する地域における社会的受容性に関する研究 2017.

*新美 雄太郎,Country Ownership and Private Sector Engagement in Multilateral Environmental Financial Mechanism- Case of Green Climate Fund (GCF) and Global Environmental Facility (GEF)(多国間環境資金メカニズムにおけるホスト国の当事者意識と民間部門関与:グリーン気候基金と地球環境ファシリティの事例研究), 2017.

*河野友香,オフィス環境でのナッジを用いた省エネ促進策,2016.

*呂 凡,電力自由化を通しての風力発電のための電力セクター改革―EU事例がもたらす新要素,2016.

*小川 祐貴,電源構成の変化がもたらす経済波及効果と環境影響-拡張産業連関表を用いたシナリオ分析,2015.

*時任 美乃理,ベトナム中部カトゥー族農村における生業の実態と構造分析,2015.

*Zhang ZY(張琦玥),Decomposition and econometric analysis of the changes in China’s industrial carbon emission over 2005-2011— discussing China’s first efforts on industrial carbon emission mitigation(中国の工業部門の炭素排出の変化の要因分析(2005-2011):要因分解法と計量経済分析),2015.

*伊尾木 智子,産業連関分析を用いた地熱利用の経済的可能性に関する研究,2014.

*小野 元,産業連関表を用いた再生可能エネルギー導入の経済効果,2014.

*陳 奕均,エネルギー技術における蛙飛びに関する研究ー中国及びインドの風力発電の事例から,2014.

*ミキリグリ アデリ,新疆ウイグル自治区における過放牧問題と定住化政策の効果,2014.

*河本 勇人,工業用地下水利用と経済発展に関する研究,2013.

*和氣未奈,地方公共団体における総合的指標の活用-社会指標・幸福度指標・持続可能性指標-,2013.

 

学術雑誌・書籍掲載論文

2019年

*Aoki, H. and N. Kawamiya, 2019. The Business Structure of Japan’s Electric Industry for 1963-2016: Analysis on the Revenues and Expenditures throughout before and after the “Deregulation,” International Journal of Energy Economics and Policy 9 (1): 316-25.

2018年

*Chen, YC. 2018. Taiwan’ s Nuclear Power Phase-out Decision-Making Process During the Energy Transition Pathway: From a Multi-level Perspective, 環境情報科学論文集 32: 55-60.

*Chen, YC. 2018. A Prescription for Energy Transition? An Analysis of the 2017 Electricity Market Reform in Taiwan, 国際公共経済研究 29: 6-25.(国際公共経済学会2017年度奨励賞論文)

*Mori, A. and L. Dong, 2018. Impact of the resource boom in the 2000s on Asian-Pacific energy exporting countries, Mori, A. (ed.) China’s Climate-Energy Policy: Domestic and International Impacts, Oxon: Routledge, 123-53.

*Saculsan, PGJ, 2018. What can the Philippines learn from Thailand`s ENCON Fund in overcoming the barriers to developing renewable energy resources, Journal of Clean Energy Technologies 6 (4): 278-83.

*Aoki, H. and N. Kawamiya, 2018. End Game for Japan’s Construction State – The Linear, The Asia-Pacific Journal | Japan Focus 15/12/5: 1-12.

*Dong, L. and A. Mori, 2018. China and Aid Co-ordination: Feasibilities of Trilateral Co-operation on Geothermal Financing in Kenya, 国際開発研究, 26 (2): 83-97.

*小川祐貴,ラウパッハ-スミヤ・ヨーク, 2018. 再生可能エネルギーが地域にもたらす経済効果~産業連鎖分析を適用したケースタディ~,環境科学会誌 31(1): 34-42.

2017年

*Dong, L. and A. Mori, 2017. Multi-Level analysis of sustainable energy transition in Kenya: Role of exogenous actors, International Journal of Energy Economics and Policy 7(5): 111-22.

*加志村拓, 2017. 風力発電事業に対する地域における社会的受容性に関する研究,国際公共経済研究 28: 139-48.(国際公共経済学会2016年度最優秀修士論文賞論文)

*小川裕貴,2017. ニューヨーク州とカリフォルニア州における配電会社のビジネスモデル,山家公雄編『アメリカの電力革命』エネルギーフォーラム新書,第5章,225-49頁.

*小川裕貴,2017. 固定価格買取制度(FIT)の設計に関する論点,植田和弘・山家公雄編『再生可能エネルギー政策の国際比較: 日本の変革のために』京都大学学術出版会,補論,254-8頁.

2016年

*陳 奕均, 2016. 再生可能エネルギー技術における蛙跳びに関する研究―中国及びインドの風力発電の事例から―,国際公共経済研究 27: 63-75.

*Dong, L. 2016. Environmental and social risks of Chinese Official Development Finance in Africa: The case of the Lamu Port project, Kenya, African Review of Economics and Finance 8(1): 106-29.

*青木秀和, 2016. 日本の電力事業における発電部門別収支の研究,財政と公共政策 38 (1): 52-67.

*Barker, T., E. Alexandri, JF Mercure, Y. Ogawa and H. Pollitt, 2016. GDP and employment effects of policies to close the 2020 emissions gap, Climate Policy 16(4): 393-414.

* Ogawa, Y., JF Mercurei, SC Lee, H. Pollitt, 2016. Modeling the power sectors in East Asia – The choice of power sources, in: Lee, SC, H. Pollitt, and SJ Park (eds.), Low-carbon, Sustainable Future in East Asia, Oxon: Routledge, 45-62.

*Ogawa, Y., JF Mercurei, SC Lee, H. Pollitt, K. Matsumoto, and A. Chiashi, 2016. Modelling the power sector in East Asia: Economic and environmentalimpacts by choices of power sources, in: Lee, SC, H. Pollitt, and SJ Park (eds.), Low-carbon, Sustainable Future in East Asia, Oxon: Routledge, 63-72.

2015年

*Cahyandito, MF and R. Ramadhan, 2015. Is converting shrub land to palm oil plantation worth it? – An ecosystem services analysis, Journal of Business and Retail Management Research 3(3): 77-86.

*Ogura, Y. and A. Mori, 2015. Changes in trade and economic structure during the past 25 years, Have green growth, low-carbon strategies made a significant impact in Northeast Asia?, in : Yoshida F. and A. Mori  (eds.), Green Growth and Low Carbon Development in East Asia, Oxon: Routledge, 113-36.

*Kim, SY. and A. Mori, 2015. International recycling by South Korea in the context of green growth, in : Yoshida F. and A. Mori  (eds.), Green Growth and Low Carbon Development in East Asia, Oxon: Routledge, 192-224.

*Kim, SY. and A. Mori, 2015. Revisiting the extended producer responsibility program for metal packaging in South Korea, Waste Management 39: 314-20.

2014年

*Mito, T., 2014. Ongoing efforts of asbestos eradication in Rwanda, Sky Journal of Soil Science and Environmental Management  3(8): 78-82.

*稲澤 泉, 2014. 富山市のLRT導入における社会的合意形成の要因公共選択理論を前提とした合意形成過程に対するレジーム・アクター分析の視点から,国際公共経済研究 25: 7-17.

*伊尾木智子, 2014. 産業連関分析を用いた地熱利用の経済的可能性に関する研究,国際公共経済研究 25: 201-9.(国際公共経済学会2013年度最優秀修士論文賞論文)

*蔡 佩宜,篭橋一輝,佐藤真行,植田和弘, 2014. ダム建設問題をめぐる社会的合意形成とその阻害要因ー設楽ダム計画を事例として,水資源・環境研究 27 (1): 1-12.

 

分野として関与する学会活動

  1. 環境経済・政策学会
  2. 国際公共経済学会
  3. East Asian Association of Environmental and Resource Economics

インターンシップ先(最近のものを抜粋)

  1. 自然エネルギー財団
  2. PricewaterhouseCoopers (PwC)
  3. 欧州大学サンクトペテルブルク校
  4. チュラロンコーン大学
  5. パジャジャラン大学(UNPAD,インドネシア)
  6. エネルギー政策研究所(ISEP)
  7. UNDP インドネシア事務所
  8. チェンマイ大学
  9. 電力中央研究所
  10. 持続可能な経済・社会センター(JACSES)
  11. 島根県中山間地域研究センター

就職先

博士卒業生
*大学
*研究所
*政府機関

修士卒業生
*コンサルタント
*製造業
*博士課程
*県庁・市役所
*金融機関
*国際機関
*中央省庁
*研究所
など