地球環境政策論

キーワード : 気候正義、世代間正義、政策過程、環境意識、環境ガバナンス

スタッフ名、職名

宇佐美 誠 教授

分野ホームページ

概要

 環境問題を緩和し社会の持続可能性を高める上で、政府による環境政策と市民・企業・NPOの活動がともに重要である。地球環境政策論分野では、国・自治体による環境政策、条約などによる国際環境政策、市民の環境意識・環境行動、政府・NGO/NPO・企業・市民が共同で行う環境ガバナンスについて、政治哲学・法哲学の観点からの規範的研究と、政策分析・政治学などの分析装置を用いた実証的研究とを行っている。研究対象は、グローバル・リージョナル・ナショナル・ローカルの4つの層におよぶ。
 規範的研究では、例えば、世界全体で必要な温暖化緩和策のコストを国家間・個人間でどのように分配されるべきかが、近年問われている。この問いを切り口に、〈グローバルな正義〉という視角から、地球環境政策の規範的基礎を追究している。また、温暖化や資源枯渇について、おもに現在世代が利益をえる経済活動が問題の原因となる一方で、より遠い将来世代ほど、より大きな損失を被ることが予想される。こうした世代間の利害衝突を踏まえて、〈世代間正義〉の角度からも環境問題・環境政策の原理的考察を行っている。
 実証的研究では、環境政策の政策過程と効果、国際環境政策と各国の環境政策、市民の環境意識・環境保全行動、環境ガバナンスなどについて、政策分析・政治学などの手法を活用しながら、現況の把握と解明を進めている。また、その実証的知見をもとに規範的提言も行う。

主要研究テーマ

  • 気候変動のグローバル正義論
  • 環境問題における世代間正義
  • 環境政策の過程と効果
  • 環境をめぐる市民の意識・行動
  • 政府・市民社会・企業の環境ガバナンス