景観生態保全論

キーワード : 緑地計画、生物多様性保全、生態系管理、リモートセンシング、緑化

スタッフ名、職名

柴田 昌三 教授
深町 加津枝 准教授
今西 純一 助教

分野ホームページ

概要

1) 豊かな自然を守る=自然保護
2) 劣化した自然環境を復元する=緑化
3) 健全な緑を育てる=緑地計画と緑地管理
 この3つが本分野の大きな目的です。対象とするのは、身の回りの空間から、都市緑地、里地、山地、さらに世界各地の、砂漠化地域まで広がっており、生物多様性の保全と人間活動の調和に関する技術の開発、理論の構築、手法の提案など、現実の課題に対応した研究を行います。ランドスケープ(自然的要素と人間活動によって、歴史的に形成されてきた秩序)の科学をランドスケープ・エコロジーといい、その実践領域であるランドスケープのプランニング、デザイン、マネージメントも取り扱います。いま、生物親和型の環境デザインや、生態系サービス評価に基づく自然環境のプランニングが大きな課題です。

主要研究テーマ

  • 里山の回復手法と生態的評価に関する研究
  • 野生生物生息環境評価とシナリオ分析
  • 都市におけるエコロジカルプランニング
  • リモートセンシングによる緑地の評価手法開発
  • 緑化技術の開発
  • 樹木生育診断手法の開発

CLs
「文化的景観:ランドスケープ計画のための重要な側面」

RS
「リモートセンシングによる生態系モンタリング」