持続的農村開発論

キーワード : ナレッジ・マネジメント,ソーシャル・キャピタル,土地利用計画,市町村条例,地域活性化,遊休農地,都市農村交流,鳥獣害,中山間地域,多面的機能,生態系サービス,バイオマス資源

スタッフ名、職名

星野 敏 教授
鬼塚 健一郎 助教

分野ホームページ

概要

 農村地域は農業や林業という生産(経済)活動が営まれる空間として重要であるのはもちろんのこと、面積でも国土の97%を占め、多様な動植物を含む個性豊かな生態系を育む自然空間であるとともに、40%近くの国民が暮らす生活空間でもあります。さらに近年は、我が国独自の歴史や文化を継承する空間としても大切な役割を担っていることが評価されています。
 農村地域はいま、グローバル化の波に包み込まれつつあります。我われは従来からある、過疎・高齢化や遊休農地の増加、都市的な土地利用の混在等の問題に加え、気候変動への適応や生物多様性の保全、循環型社会の形成推進等の新たな課題への対応を求められています。農村地域は、資本や人的資源に乏しいため、環境の変化への適応力が乏しく、様々の歪みや摩擦が生じやすい構造を持っています。我が国では長期的な人口減少が見込まれるなか、将来にわたって食料生産の場・自然空間・生活空間としての農村地域をどのように守り、持続可能な社会として構築していくのかを検討し、実践していくことが必要とされています。
 研究室では、フィールド調査を主体にしながら、内発的な地域発展の方向、農村地域の合理的な社会資本整備、土地利用計画、都市と農村の協働、農山村地域における新たなライフスタイル、循環型社会の形成推進など、グローバル化時代における農村地域のあるべき姿を計画論的な視点から研究しています。

主要研究テーマ

・ナレッジ・マネジメントによる地域資源管理体制の再構築
・東アジア地域におけるコミュニティ計画の比較研究
・多様な主体による地域資源の利用・管理の形態
・基礎自治体における計画的な獣害対策の検討
・規制・誘導・参加による土地利用のコントロール
・農村情報化による地域再編
・農村地域における地域コミュニティの再編
・農村における生態系サービス評価

sustainable-rural-development1