都市基盤エンジニアリング論

スタッフ名、職名

杉浦 邦征 教授
原田 英治 准教授
田中 智大 助教

概要

持続可能な生活空間を支える基盤技術として、安心・安全はもとより、環境にやさしい技術の実践が求められています。すなわち、「設計」、「構築」、「運用」、「保守」を総合的に論じるエンジニアリングが必要です。社会・経済活動に対する都市基盤施設の既存機能を維持しつつ、その安全性・快適性向上、長寿命化等をはかり、自然環境への低負荷化を進める技術開発に取り組みます。

主要研究テーマ

交通・エネルギーインフラ領域

  • 高機能材料を組み合わせた環境にやさしい橋梁構造の開発
  •  既設構造物の非破壊点検・検査、常時モニタリング、健全性評価、寿命予測
  • 浮体式洋上発電施設の構築に関する基礎的研究

水域防災インフラ領域

  • 高精度で汎用性のある流砂の数値モデルの開発
  • 災害時避難計画のための群集シミュレーション
  • 水災害リスクの確率評価・最大規模評価手法の開発