藤井 滋穂

分野紹介

環境調和型産業論

役職

教授

連絡先

Tel: 075-753-5151
E-mail: fujii@eden.env.kyoto-u.ac.jp

経歴

1978年京都大学工学部衛生工学科卒業、80年同大学院工学研究科修士課程衛生工学専攻修了、80年京都大学工学部助手、90年京都大学工学博士、91年京都大学工学部講師、91年アジア工科大学(AIT、タイ)助教授、93年同準教授、93年立命館大学理工学部助教授、98年京都大学工学研究科環境工学専攻助教授、01年京都大学工学研究科附属環境質制御研究センター教授、07年京都大学地球環境学堂教授

所属学会

国際水学会、土木学会、日本水環境学会、環境技術学会、日本陸水学会、下水道協会、京都大学環境衛生工学研究会、日本工学教育協会

主要著書

(1) 宗宮功, 藤井滋穂, 坂本充, 國松孝男, 海老瀬潜一, 大久保賢治他, 琵琶湖?その環境と水質形成?, 技報堂出版, 担当頁:125-138,149-172,235-240 (2000).
(2) Shigeo Fujii, Hidetsugu Tanaka, Isao Somiya, Quantitative comparison of forests and other areas on dry weather input loading in the Lake Biwa catchment area, Water Science and Technology, Vol.45, No.9, p.183-193 (2002).
(3) 藤井滋穂, 綾 史郎, 中辻啓二, 他, 水理公式集例題プロクラム集(平成13年度版), 土木学会, 担当頁:例題6-11- (2002).
(4) 大垣眞一郎, 古米弘明, 藤井滋穂, 浅枝隆, 佐藤和明, 西村修, 他, 流域マネジメント ?新しい戦略のために?, 技報堂出版, 担当頁:72-86, 170-191 (2002).
(5) 藤井滋穂, 松澤正貴, 永禮英明, 清水芳久, 硝化反応のBODに及ぼす影響の実験による評価検討, 環境工学研究論文集, Vol.40, p.531-540 (2003).
(6) 福島武彦, 西村修, 藤井滋穂, 天野邦彦, 中村由行, 他, 環境工学公式・モデル・数値集, 土木学会, 担当頁:276-285, 288-290, 294-296, 308-317 (2004).
(7) 大垣眞一郎, 古米弘明, 藤井滋穂, 浅枝隆, 佐藤和明, 西村修, 他, 河川と栄養塩類?管理に向けての提言?, 技報堂出版, 担当頁:120-126, 132-141- (2005).
(8) Shigeo Fujii, Kazuaki Shichi, Binaya Raj Shivakoti, Piyaporn Songprasert, Hirotaka Ihara, Masashi Moriya, Suwanna Kitpati, Shuhei Tanaka, Analysis of parameter variations in L-Q equations for river runoff processes from the viewpoint of spatial and temporal conditions, Water Science and Technology, Vol.53, No.10, p.141-152 (2006).
(9) 荒木光彦, 中村裕一, 藤井滋穂, 津野洋, 再生授業ビデオを活用した環境工学同時講義によるアジア大学院連携, 工学教育, Vol.54, No.3, p.112-116 (2006).
(10) 花木啓祐, 岡田光正, 藤井滋穂他, 水環境ハンドブック, 朝倉書店, 担当頁:80-87 (2006).