平田 彩子

分野紹介

地球環境政策論

役職

特定准教授

略歴

東京大学法学部卒業

東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了

東京大学法学政治学研究科助教

カリフォルニア大学バークレー校ロースクール・法と社会政策プログラム博士候補生(Ph.D. candidate)取得

東京大学法学政治学研究科助教

現職

 

所属学会

日本法社会学会

Law &Society Association

 

主要業績

〔著書〕

  • 『行政法の実施過程-環境規制の動態と理論―』木鐸社.(2009)

 

〔論文〕

  • “Regulatory Enforcement of Environmental Law in Japan: An Analysis on the Water Control Pollution Act Implementation,” in The Changing Role of Law in Japan: Empirical Studies in Culture, Society and Policy Making, Dimitri Vanoverbeke et al., (ed.). (2014)
  • “Human Flotsam, Legal Fallout: Japan’s Tsunami and Nuclear Meltdown,” (with Robert B Leflar, Masayuki Murayama, and Shozo Ota) 27 The Journal of Environmental Law and Litigation, 2012, 107-124. (2012)
  • 「規制法制定後におけるコモンズの維持管理 —— 市民の執行過程関与行動についての質問票調査より ——」,『法社会学』,73号,45-68頁.(2009)