小林 広英

分野紹介

人間環境設計論

役職

准教授

連絡先

Tel: 075-753-4806
E-mail: kobahiro@archi.kyoto-u.ac.jp

経歴

1992年 京都大学大学院修士課程修了
1992年 マンチェスター大学奨学生
1993年 (株)昭和設計
2002年 京都大学大学院地球環境学堂助手(2006年より助教)
2007年 京都大学博士(地球環境学)
2009年 京都大学大学院地球環境学堂准教授,現在に至る

所属学会

日本建築学会,日本都市計画学会,日本イコモス国内委員会,日本国際地域開発学会

主要著書

  • 小林広英,藤枝絢子:フィジー伝統木造建築・ブレにみる在来建築技術に関する調査研究 −適正技術開発センターにおけるブレ建設プロジェクトを事例として−,日本建築学会計画系論文集,NO. 724,pp. 1303-1313,2016年6月
  • チュオンホァンフゥオン,小林広英:ベトナム中部ナムドン県における山岳少数民族カトゥ族の伝統的集会施設とその維持継承,日本建築学会計画系論文集, 720,pp. 333-343,2016年2月
  • H. Kobayashi, K. Fukui, H. Mitani: 「Sustainability of the thatched house in Nadasyo village in Fukui prefecture, Japan」, Vernacular Architecture: Towards a Sustainable Future, CRC Press, pp. 403-409, 2014年8月  
  • M. Attavanich, H. Kobayashi: 「The construction project of the Moklen ethnic house, Sea Gypsy architecture in Southern Thailand」, Vernacular Architecture: Towards a Sustainable Future, CRC Press, pp. 81-86, 2014年8月
  • 小林広英:「風土建築から学ぶ持続的人間環境−文化継承社会への建築的視座」,地球環境学−複眼的な見方と対応力を学ぶ,第5章,丸善出版,pp.55-65,2014年2月28日
  • H. Kobayashi, T. N. Nguyen: 「Body-Based Units of Measurement for Building Katu Community Houses in Central Vietnam」,Vernacular Heritage and Earthen Architecture, CRC Press,pp. 359-364,2013年10月
  • 小林広英:「新風土建築試行 バンブーグリーンハウス・プロジェクト(一),(二),(三)」,「竹」,第121,122,123号,(財)竹文化振興財団 竹文化振興協会,pp.1-3,2013年3月,pp.2-4,2013年7月,pp.5-7,2013年11月
  • Ayako Fujieda and Hirohide Kobayashi: The Potential of Fijian traditional Housing to Cope with Natural Disasters in Rural Fiji, Journal of Disaster Research, Vol. 8, No. 1, pp. 18-27, Feb. 2013
  • 小林広英,ゴックトゥングェン:ベトナム中部山岳少数民族・カトゥ族の在来建築技術に関する調査研究-フエ省ソンクァン社,ソンロー社の伝統的集会施設を事例として-,日本建築学会計画系論文集,NO.678,pp1871-1879,2012年8月
  • Hirohide Kobayashi, Duc Tran Thanh, Ueru Tanaka: Housing Conditions of a Lagoon Village in a Flood-prone Area of Central Vietnam, Journal of Asian Architecture and Building Engineering, pp.1-8, Vol.11, May 2012
  • 小林広英:「風土建築の継承と地域資源」,アジアプラットフォーム便り,第21号(2010年第4号),p1,2010年11月
  • 小林広英,飯塚明子:ベトナム中部山岳少数民族・カトゥ族の伝統建築再現にみる在来技術 -フエ省ホンハ社の伝統的集会施設を事例として-,日本建築学会計画系論文集,NO.653,pp.1679-1686,2010年7月
  • 小林広英:「里山放置竹林とバンブーグリーンハウス」,月刊杉WEB版,第57号(特集バンブーグリーンハウス),2010年5月
  • 小林広英,中川利春,中川裕章,大屋綾子:バンブーグリーンハウスの試行と建設プロセス, バンブージャーナル,No.26,pp48-55,2009年3月
  • 小林広英,松倉崇,小林正美:地産地消型木造建築システムの実践-研究林スギ間伐材を利用した大学木造施設の建設-,森林研究,第77号,pp.129-136,2008年12月
  • 小林広英,飯塚明子,白坂隆之介,小林正美:ベトナム中部・台風洪水常襲地における農山村集落の居住環境に関する調査研究-アルイ県ホンハ社パリン村の事例-,日本建築学会計画系論文集,NO.634,pp.2639-2645,2008年12月
  • Hue University & Kyoto University(共著): Participatory Construction of Traditional Community House in Mountainous Village of Central Vietnam, The National Politics Publisher, Hanoi Vietnam, August 2008
  • Kobayashi H., Kobayashi M.: j.Pod units as a sustainable building system, SANSAI Journal, No.1, Kyoto University, pp.61-75,January 2006
  • Kobayashi H., et al: Seismic Retrofit for Japanese Traditional Wooden Frames – Application of Visco-elastic Dampers to Traditional Residence, Conservation of Historic Wooden Structures, Vol.1, pp.423-428, February 2005
  • 小林広英,桝田洋子,桑島由美子,小林正美:京都都心部における防災性能を備えた木造住宅設計手法と伝統的町家の耐震化に関する考察-木造の制震補強デバイスとしての粘弾性ダンパーの利用法の提案-,日本建築学会技術報告集,第17号,pp.825-828,2003年6月
  • 小林正美,小林広英,河野義裕,大窪健之:自然災害時における緊急シェルターに関する研究(プライバシーを考慮した可搬式居住環境構築の提案),平成13年度ヒューマンケア研究助成報告書,(財)兵庫県ヒューマンケア研究機構,pp.93-126,2002年3月

受賞

  • 2014京都大学学際研究着想コンテスト・奨励賞,2014年8月
  • 第14回日本水大賞・大賞,2012年4月
  • 2009年度グッドデザイン・サスティナブルデザイン賞(経済産業大臣賞),2009年11月
  • 第23回住まいのリフォームコンクール・住宅リフォーム推進協議会会長賞,2006年10月
  • 2005年度グッドデザイン賞,2005年10月
  • ひょうご住宅耐震改修技術コンペ・最優秀賞(兵庫県知事賞),2005年2月
  • 2003年度技術部門設計競技・優秀賞,2003年11月
  • Mobile HIV/AIDS Health Clinic for Africa Competition・Selected Scheme, 2002
  • 第46回大阪建築コンクール・大阪府知事賞,2000年6月