岡﨑 健二

分野紹介

人間環境設計論

役職

教授

連絡先

Tel: 075-753-5773
E-mail: okazaki*archi.kyoto-u.ac.jp (replace * with @)

経歴

1976年 京都大学工学部建築学科卒業、同年建設省入省
1981年 国連アジア太平洋経済社会委員会(UN/ESCAP)(バンコク)
1985年 建設省国際課海外協力官
1988年 土浦市都市計画部長
1993年 福岡県住宅課長
1996年 国連国際防災の10年事務局(UN/IDNDR)(ジュネーブ)
2001年 国土交通省住宅局建築物防災対策室長
2002年 国連地域開発センター防災計画兵庫事務所所長
2003年 神戸大学客員教授・京都大学大学院非常勤講師・名古屋工業大学大学院非常勤講師
2005年 政策研究大学院大学 教授
2013年 京都大学大学院地球環境学堂 教授

所属学会

‐ 日本建築学会会員
‐ 日本都市計画学会
‐ 都市住宅学会会員
‐ 地域安全学会会員
‐ CIB(International Council for Research and Innovation in Building and Construction, 本部はオランダ)のメンバー

主要著書・論文

・田阪 昭彦、安藤 尚一,岡崎 健二:開発途上国におけるノンエンジニアド建築の施工実態に関する国際比較研究、日本建築学会計画系論文集 第78巻、第686号,2013年4 月、907-914
・K. Pribadi, K. Okazaki, D. Kusumastuti, T. Saito, E. Lim, A. Utami: Research Findings of the Survey on Non-Engineered Houses in Developing Countries, Surveys and Activities on Post-Earthquake Disaster, pp.133-151, UNESCO, July 2011
・K. Okazaki, K. Pribadi, D. Kusumastuti, T. Boen, and S. Ando: Safety Issues of the Reconstructed Houses in Aceh after the 2004 Tsunami, Surveys and Activities on Post-Earthquake Disaster, pp.20-40, UNESCO, July 2011
・K. Okazaki, K. Pribadi, D. Kusumastuti, T. Boen, and S. Ando: Safety Issues of the Reconstructed Houses in Aceh after the 2004 Tsunami, ”Surveys and Activities on Post-Earthquake Disaster, UNESCO, July 2011, 20-40
・岡崎健二、田阪園子、寺田裕佳、斉藤大樹:住宅の地震対策に係る居住者の実施意欲に関する研究‐インドネシア、ネパール、パキスタン、トルコ、フィリピン、フィジー、日本の比較‐、日本建築学会計画系論文集、第667号、2011年9月、1593-1600
・K. Okazaki: Incentives for Safer Buildings – Lessons from Japan, Contribution paper to “Global Assessment Report on Disaster Risk Reduction 2011,” United Nations, May 2011
・Narafu, Okazaki, others “A Proposal for a Comprehensive Approach to Safer Non-engineered Houses” , Journal of Asian Architecture and Building Engineering, November 2010, 315-322
・Okazaki, Pribadi, “A Safety Issues of the Reconstructed Houses in Aceh after the 2004 Tsunami”, International Platform for Reducing Earthquake Disasters (IPRED) ,UNESCO, Padang, Indonesia, July 2010.
・Kenji Okazaki, “Seismic Risk Perception Concerning Housing Safety”, Make the People a Part of the Solution, UNESCO, Paris, April 2010, 95-107.
・Kenji Okazaki, “Earthquake Risk Perception and Policy Making”, ERRA International Conference on “CONVERTING ADVERSITY INTO OPPORTUNITY”, Islamabad, April 2010
・Korel Eraybar, Kenji Okazaki, Alper Ilki “An exploratory study on perceptions of seismic risk and mitigation in two districts of Istanbul” , Disasters, Vol.34 Issue 1, January 2010, 71-92
・梅本通孝、糸井川栄一、熊谷良雄、岡崎健二、「住宅の地震対策に対する居住者の実施意欲の構造分析―静岡市・千葉市・水戸市における比較―」、地域安全学会論文集No.11、2009年11月、97-106
・梅本通孝、糸井川 栄一、熊谷良雄、岡崎健二、「住宅耐震化に対する居住者の実施意図に関する研究-静岡市・千葉市・水戸市の一般市民を対象として-」、日本建築学会計画系論文集、 第74巻 第645号、2009年11月、2451-2458.
・Tatsuo Narafu, Kenji Okazaki, “A Proposal of an Approach for Safer Non-Engineered Houses,” Journal of Asian Architecture and Building Engineering, November 2009.
・Kenji Okazaki, “Incentives to Encourage Investment in Earthquake Safer Housing”, Keynote Paper, Proceedings of International Conference on Earthquake Engineering and Disaster Mitigation (ICEEDM08), Jakarta, April 2008, 47-57.
・Korel Eraybar, Alper Ilki, Kenji Okazaki, “Seismic Risk Perception in Avcilar,” Proceedings of Turkish Sixth National Conference on Earthquake Engineering (16-20 October 2007, Istanbul, Turkey), Vol.2, 2007, 41-51.
・岡崎健二、楢府龍雄、「Housing Reconstruction Practices in Aceh, Indonesia」、日本建築学会論文集、2007年9月、257-262.
・Kenji Okazaki, “New Strategy for Earthquake Risk Management”, Keynote Paper, K5, First European Conference on Earthquake Engineering and Seismology, September 2006, 1-7.
・岡崎健二、「防災における動機づけに関する研究」、日本建築学会論文集 、第580号、2004年6月.
・岡崎健二、「途上国における持続的地震防災の動機づけとマネージメントに関する研究-国連RADIUS(都市の震災対策推進)プロジェクトの実施を通して-」、2003年11月.
・ Kenji Okazaki, Rajib Shaw, “A User’s Guide – Sustainable Community Based Disaster Management (CBDM) Practices in Asia”, United Nations Centre for Regional Development, 2004.
・Kenji Okazaki, Rajib Shaw, “Empowerment of Local People for Sustainable Disaster Mitigation”, Regional Development Dialogue (RDD), Vol.24, No. 1, United Nations Centre for Regional Development, Nagoya, Spring 2003.
・“RADIUS – Risk Assessment Tools for Diagnosis of Urban Areas against Seismic Disasters”(英語、仏語、スペイン語、中国語、ロシア語に翻訳)、国連国際防災10年事務局発行、2000.