鬼塚 健一郎

分野紹介

持続的農村開発論

役職

助教

連絡先

E-mail: onitsuka*kais.kyoto-u.ac.jp (replace * with @)

経歴

  • 2000年 京都大学農学部生産環境科学科卒業
  • 2002年 京都大学大学院農学研究科修士課程地域環境科学専攻修了
  • 2002-2005年 (株)D.S.ソフトワークス システムエンジニア
  • 2005-2013年 (有)エクセリード・テクノロジー 主任研究員
  • 2013年 京都大学大学院農学研究科博士後期課程地域環境科学専攻修了(社会人入学) 博士(農学)取得
  • 2013-2014年 京都大学大学院農学研究科 教務補佐員
  • 2014年- 京都大学大学院地球環境学堂持続的農村開発論分野(農学研究科農村計画学分野両任) 助教

所属学会

  • 農村計画学会
  • 環境情報科学
  • 地域農林経済学会
  • 農業農村工学会

主要著書・論文

  • Kenichirou Onitsuka・Satoshi Hoshino: Can Elderly People in Hilly and Mountainous Area Utilize ICT for Regional Sustainability?, The 2nd Biennial Conference on Sustainable Business, Energy and Development in Asia Proceedings, pp.72, 2014
  • 鬼塚健一郎・萩原 和・星野 敏・清水夏樹・橋本 禅:Facebookを活用したワークショップの効果と課題-京丹後市五十河地域における取組を通じて-,農村計画学会誌,32(4),pp.507-516,2014
  • 鬼塚健一郎・星野 敏・橋本 禅:都市と農村におけるSNS利用者の地域意識に関する研究,環境情報科学学術研究論文集,環境情報科学センター,27巻,pp.335-340,2013
  • 鬼塚健一郎・星野 敏・橋本 禅・九鬼康彰:中山間地域におけるインターネット利用者の地域意識 -インターネット利用タイプ間の比較分析-,農林業問題研究,地域農林経済学会,第191号,pp.316-322, 2013
  • 鬼塚健一郎:研究動向 持続的な農山村地域の実現に向けたコミュニティ形成に関する研究動向 -コミュニティの範囲に着目して-,農業と経済,2013年7・8合併号,昭和堂,pp.112-115,2013
  • 鬼塚健一郎・星野 敏・橋本 禅・九鬼康彰:農村地域におけるSNS活性化プロセスにキーパーソンが果たす役割と効果,環境情報科学論文集,環境情報科学センター,26巻,pp.137-142,2012
  • 鬼塚健一郎・星野 敏・橋本 禅・九鬼康彰:中山間地域におけるデジタル・ディバイドの実態と改善可能性 -地域住民の年齢・属性と意識や特性に着目して-,農村計画学会誌,農村計画学会,31巻,論文特集号,pp.261-266,2012
  • 鬼塚健一郎:研究動向『農村・地域計画』 農村地域を取り巻く多様な主体によって織りなされるコミュニティ形成の新展開,農業と経済,2012年9月号,昭和堂,pp.101-107,2012
  • 鬼塚健一郎・星野 敏・中塚雅也:過疎地域における知識共有Webサイトの利用実態 -兵庫県篠山市「さとねっと」を事例として-,農村計画学会誌,農村計画学会,30巻,論文特集号,pp.321-326,2011