阪口 翔太

分野紹介

生物多様性保全論

役職

助教

連絡先

Tel: 075-753-6796
E-mail: sakaguci54*gmail.com (replace * with @)

■ 経歴

  • 2008年 京都大学農学部森林科学科 卒業
  • 2013年 京都大学大学院農学研究科 博士課程修了
  • 2013年 日本学術振興会 特別研究員PD
  • 2015年 京都大学大学院人間・環境学研究科 助教
  • 2018年 京都大学大学院地球環境学堂 助教(併任)

■ 担当講義・実習

  • 自然史特論(総合人間学部)
  • 課題演習:生物学(総合人間学部)
  • 総合フィールド演習(総合人間学部)
  • 生物学実習I[基礎コース](全学共通科目)
  • 生物学実習II [自然史コース] (全学共通科目)
  • ILASセミナー :植物野外実習(高山植物の観察)(全学共通科目)
  • 環境マネジメントセミナーB 夏期野外実習(地球環境学堂)

■ 著書・主要論文

  • 系統地理学 DNAで解き明かす生きものの自然史(種生物学会 編/池田 啓・小泉逸郎 責任編集), 2013, ISBN 978-4-8299-6203-9, pp314, Tokyo, Japan.
    • 第4章 日華植物区系におけるハリギリの生物地理 (阪口翔太)
    • コラム1 Cryptic refugia 隠蔽逃避地 (阪口翔太)
    • コラム2 生態ニッチモデル (阪口翔太)
  • 地図でわかる 樹木の種苗移動ガイドライン (津村義彦・陶山佳久 編), 2015, ISBN 978-4829965245, pp176, Tokyo, Japan.
    • 生態ニッチモデルと遺伝的地域性 (阪口翔太)
    • 種苗移動ガイドライン カツラ・ヒロハカツラ (阪口翔太・井鷺裕司)
    • 種苗移動ガイドライン ハリギリ (阪口翔太・井鷺裕司)
  • 「中尾佐助 照葉樹林文化論」の展開 ― 多角的視座からの位置づけ(山口裕文・金子務・大形徹・大野朋子編著), 2016, ISBN: 978- 4-8329-6820-2 , pp862, Sapporo, Japan
    • 第七章 東アジア温帯林構成植物の歴史生物地理 (阪口翔太) 
  • Sakaguchi, S., Horie, K., Ishikawa, N., Nishio, S., Worth, J., Fukushima, K., Yamasaki, M., and Ito, M. (2018) Maintainance of soil ecotypes of Solidago virgaurea in close parapatry via divergent flowering time and selection against immigrants, Journal of Ecology. https://doi.org/10.1111/1365-2745.13034.
  • Sakaguchi, S., Horie, K., Ishikawa, N., Nagano, J.A., Yasugi, M., Kudoh, H. and Ito, M. (2017) Simultaneous evaluation of the effects of geographic, environmental and temporal isolation in ecotypic populations of Solidago virgaurea, New Phytologist, doi:10.1111/nph.14744.
  • Sakaguchi, S., Bowman, D. M. J. S., Prior, L. D.,Crisp, M. D., Linde, C. C., Tsumura, Y., and Isagi, Y. (2013) Climate, not Aboriginal landscape burning, controlled the historical demography and distribution of fire-sensitive conifer populations across Australia. Proceedings of the Royal Society B, 280 1773 20132182.
  • Sakaguchi, S., Qiu, Y.X., Liu, Y., Qi, X.S., Kim, S.H., Han, J., Takeuchi, Y., Worth, J.R.P., Yamasaki, M., Sakurai, S. and Isagi, Y. (2012) Climate oscillation during the Quaternary associated with landscape heterogeneity promoted allopatric lineage divergence of a temperate tree Kalopanax septemlobus (Araliaceae) in East Asia. Molecular Ecology, 21, 3823-3838.