真常 仁志

分野紹介

陸域生態系管理論

役職

准教授

連絡先

Tel: 075-753-6299
E-mail: shinhit*kais.kyoto-u.ac.jp (replace * with @)

経歴

1993年12月  青年海外協力隊派遣(在シリア国際乾燥地農業研究センター)(1996年12月まで)
2000年3月  京都大学大学院農学研究科(農芸化学専攻)博士課程修了
2000年4月  京都大学農学部教務補佐員
2002年10月 京都大学大学院農学研究科助手
2007年4月  同上助教
2013年4月  京都大学大学院地球環境学堂・同農学研究科准教授(両任)

主な研究活動

人口増加は砂漠化を引き起こすのか?-人口に応じた砂漠化対処技術の開発と普及-

砂漠化はなぜ進行するのか?人口増加による土地利用圧の高まりにその因を求めることが多い一方、人口増加こそが砂漠化を抑止できる農業開発を可能にするとの主張も根強い。私は、人口と砂漠化の間のいまだあいまいな関係に切り込み、人口密度や歴史によって実効性ある砂漠化対処技術は異なることを、ナミビアを事例として実証したいと考えている。

所属学会

日本土壌肥料学会、日本ペドロジー学会、日本熱帯農業学会、日本沙漠学会

主な受賞歴

2007年 第4回日本ペドロジー学会論文賞
2010年 ASABE (American Society of Agricultural and Biological Engineers) Honorable Mention Paper Award
2012年 2012 World Water Week in Stockholm Best Poster Award
2012年 SSPN Award (日本土壌肥料学会欧文誌論文賞)
2014年 第41回環境賞環境大臣賞・優秀賞(主催 公益財団法人 日立環境財団、株式会社 日刊工業新聞社、後援 環境省)
2014年 第20回世界土壌科学会議ポスター賞

主要論文

*真常 仁志,荒木 茂.2011.講座「サブサハラ・アフリカの土壌肥料研究最前線 1.講座のねらい、サブサハラ・アフリカの生態環境条件と農業の現状」.日本土壌肥料学雑誌,82(4),330-337(2011年8月)
*佐々木 夕子,田中 樹,伊ヶ崎 健大,真常 仁志,飛田 哲.2011.西アフリカ・サヘル地域における農耕民および牧畜民の生業と暮らし-「危機の年」とその対処行動に注目して-.システム農学,27(4),149-157
*伊ヶ崎 健大,真常 仁志,田中 樹,岩井香泳子,小崎 隆.2012.西アフリカ・サヘル地域における草本植生劣化指標としての空間的ぱらつきの可能性.観光科学研究,5,15-21
*佐々木 夕子,伊ヶ崎 健大,田中 樹,真常 仁志,飛田 哲.2012.西アフリカ・サヘル地域の村落において外部技術の導入経緯がその後の普及状況に与える影響.システム農学,28(2),73-83
*Ikazaki, K., Shinjo, H., Tanaka, U., Tobita, S., Funakawa, S., and Kosaki, T. 2011. Aeolian materials sampler for measuring surface flux of soil nitrogen and carbon during wind erosion events in the Sahel, West Africa, Transactions of the ASABE, 54(3), 983-990
*Ikazaki, K., Shinjo, H., Tanaka, U., Tobita, S., Funakawa, S., and Kosaki, T. 2011. Field-scale aeolian sediment transport in the Sahel, West Africa. Soil Science Society of America Journal, 75, 1885-1897  doi:10.2136/sssaj2010.0416
*Ikazaki, K., Shinjo, H., Tanaka, U., Tobita, S., Funakawa, S., and Kosaki, T. 2011. “Fallow Band System,” a land management practice for controlling desertification and improving crop production in the Sahel, West Africa. 1. Effectiveness in desertification control and soil fertility improvement. Soil Science and Plant Nutrition, 57(4), 573-586(2011年8月)
*Fujii, K., Funakawa, S., Shinjo, H., Hayakawa, C., Mori, K, and Kosaki, T. 2011. Fluxes of dissolved organic carbon and nitrogen throughout Andisol, Spodosol and Inceptisol profiles under forest in Japan. Soil Science and Plant Nutrition, 57(6), 855-866 (2011.12)
*Shimono, H., Miyazaki, H., Shinjo, H., Kanno, H., and Sakurai, T. 2012. Do Zambian smallholders choose the optimal sowing date for high maize productivity? Tropical Agriculture and Development, 56(2), 62-70
*Hayashi, K., Matsumoto, N., Hayashi, E.T., Abdoulaye, T., Shinjo, H., Tabo, R., Matsunaga, R., and Tobita, S. 2012. Estimation of nitrogen flow within a village-farm model in Fakara region in Niger, Sahelian zone of West Africa. Nutrient Cycling in Agroecosystem, 92, 289-304 DOI 10.1007/s10705-012-9490-4
*Ando, K., Shinjo, H., Noro, Y., Takenaka, S., Miura, R., Sokotela, S.B., Funakawa, S. 2014. Short term effects of fire intensity on soil organic matter and nutrient release after slash-and-burn in Eastern Province, Zambia. Soil Science and Plant Nutrition, 60, 173-182 DOI: 10.1080/00380768.2014.883487
*Ando K., Shinjo H., Kuramitsu H., Miura R., Sokotela S., Funakawa S. 2014. Effects of cropping and short-natural fallow rotation on soil organic carbon in the Eastern Province of Zambia. Agric. Ecosyst. Environ., 196, 34-41.