髙井 敦史

分野紹介

社会基盤親和技術論

役職

助教

連絡先

Tel: 075-753-5114, Fax: 075-753-5116
E-mail: takai.atsushi.2s*kyoto-u.ac.jp (replace * to @)

略歴

  • 2006年 京都大学工学部地球工学科 卒業
  • 2008年 京都大学大学院工学研究科都市環境工学専攻修士課程 修了
  • 2008年-2010年 (株)竹中工務店エンジニアリング本部
  • 2010年-現在 京都大学大学院地球環境学堂 助教

所属学会

(公社)地盤工学会, (公社)土木学会, (公社)日本材料学会

研究内容

地盤環境工学, 土壌地下水汚染, 廃棄物処分場, 熱地盤相互作用, 災害廃棄物の処理と有効利用

主要論文

  1. Takai, A., Uddin, M.N., Inui, T., and Katsumi, T. (2014): Mechanical properties of geomaterial recovered from disaster debris after the 2011 earthquake, Proceedings of the 7th International Congress on Environmental Geotechnics – Lessons, Learnings & Challenges -, A. Bouazza, S.T.S. Yuen, B. Brown (eds.), Engineers Australia, Melbourne, pp.1602-1609.
  2. 乾 徹・片山真理子・勝見 武・髙井敦史・嘉門雅史(2014):屋外暴露試験による自然由来重金属を含有する岩石の長期溶出挙動評価,材料,Vol.63, No.1, pp.73-78.
  3. Li, Z., Katsumi, T., Inui, T., and Takai, A. (2013): Fabric effect on hydraulic conductivity of kaolin under different chemical and biochemical conditions, Soils and Foundations, Vol.53, Issue 5, pp.680-691.
  4. 高井敦史・保高徹生・遠藤和人・勝見 武・東日本大震災対応調査研究委員会地盤環境研究委員会(2013):東日本大震災における津波堆積物の分布特性と物理化学特性,地盤工学ジャーナル, Vol.8, No.3, pp.391-402.
  5. 高井敦史・乾 徹・勝見 武・嘉門雅史・荒木 進(2012):ソイルベントナイト連続遮水壁の遮水性能に及ぼす影響因子,土木学会論文集C,Vol.68, No.1, pp.1-14.
  6. 乾 徹・髙井敦史・栗原太志・勝見 武・嘉門雅史(2010):遠心模型実験によるソイルベントナイト地中連続遮水壁の地震時挙動の評価,材料,Vol.59, No.1, pp.84-88.