環境マネジメント専攻(修士課程)

高度な実務者を養成するため、長期のインターン研修を必修として、学外における実地経験とその内容に基づく、新しいタイプの修士論文を提出させ、実務能力を獲得させます。修了後は、さらに高度な実務者を目指して博士後期課程に進むほか、政府・自治体の関係機関や国際機関、企業の環境管理部門や環境関連企業、環境NGO、NPOなどで活躍することになります。

併せて、高度な研究者を養成するためのカリキュラムも用意されており、専門的な個別の研究課題に取り組むとともに、人文社会科学系と理・農・工学系にまたがる融合的教育を行い、地球環境学の確立と地球環境・地域環境問題に対処できる学術開拓能力を獲得させます。修了後は、さらに高度で国際的に活躍できる研究者を目指して地球環境学専攻博士課程に進むほか、環境関連の研究機関で活躍しうる人材を養成します。

1. カリキュラムの構成

地球環境学基礎科目(地球環境政策・経済論、地球環境技術論、地球資源・生態系管理論、環境倫理・環境教育論)と環境マネジメントセミナーを必修コアカリキュラムとし、各自の指向する領域に応じて環境マネジメント基礎・各論・セミナーを履修します。その後、インターン研修を経て、修士論文を提出します。

環境マネジメントセミナーでは、外部講師による特別講義の聴講、野外実習、実験実習、文献調査と発表、などに取り組み、国際的視野に立った地球環境・地域環境問題に対処する実務者・研究者に求められる基礎知識と基礎技術を養います。

2. インターン研修

環境マネジメント専攻では、インターンシップ制度を必修科目として導入し、学外における実習に基づいた個別教育によって、実践的な問題解決能力の獲得を目指しています。帰学後はその成果を活かした学位論文の取りまとめを行います。インターンの研修先として、国連機関や国際NGO、NPO、官公庁の研究所、民間研究機関、海外の大学など国内外の地球環境に関する研究機関と幅広く提携しています。

インターン研修には2つのコースが設定されており、実践能力の育成を重点とした長期インターン(3ヶ月以上)を実施するコース、および短期インターン(1~2ヶ月)において実地経験に基づいた課題を抽出し、その解決のための学術的手法を研究するコースがあります。(なお、短期インターンを選択した者は別途、プレ修士論文提出が課せられます。)

3. 学位取得までの進行過程

1年次:
科目履修、インターン研修計画の作成、インターン研修の実施
2年次:
修士論文の提出・審査、修士(地球環境学)の学位授与

4. 入学者の選抜について

入学者の選抜は、出願書類の内容、英語能力(TOEFL-iBTスコアを原則、TOEFL-PBTスコアTOEIC公開テストスコア、IELTSスコアでも可)、筆答試験(地球環境に関する知識、志望分野に関する基礎知識)、口頭試問(既修得科目に関する専門知識、入学後の学習計画及び環境マネジメントに対する適合性)の成績を総合して行います。

5. 国際環境マネジメントプログラム(G30プログラム)

環境マネジメント専攻修士課程では、前述の一般プログラムのほかに「国際環境マネジメントプログラム(G30プログラム)」を開設しています。なお、プログラムの詳細は、本大学院ホームページ内の http://www2.ges.kyoto-u.ac.jp/activities/educational-activities/g30-educational-program/ を参照してください。