生態系連環論(協力分野)

スタッフ名、職名

德地 直子 教授
舘野 隆之輔 准教授
鈴木 啓太 助教

分野ホームページ

生態系連環論分野は、フィールド科学教育研究センター(フィールド研)の教員による協力分野である。フィールド研では、森林・河川・人間・沿岸生態系の相互作用を明らかにするため明らかにするため,新しい概念にもとづく総合的な学問分野である「森里海連環学」を提案している。

森里海連環学

森林、河川、人間と沿岸の生態系の間の生態学的なつながりや、人間活動が陸域と沿岸の生産性に与える影響について探求している。これらの研究テーマは、将来の持続可能な開発を達成するための生態系管理を適切な方法で行うのに役立つだろう。

生態系生態学

生態系を構成する生物と非生物との相互作用について、特に生態系内および生態系間における物質の循環に着目して研究を行っている。

水圏生物生態学

河川、海洋に生息する水圏生物の生態を解明する。とくに、栄養塩、基礎生産、プランクトンから大型底生動物や魚類に至るエネルギーフロー、および水圏生物の生活史、生残、成長、移動、食性などの生態について、個体群および群集生産の視点から探求する。