地域資源計画論

キーワード : 環境管理、地域資源管理、地域計画、土地利用/被覆変化、地域分析、地理情報システム

スタッフ名、職名

西前 出 教授
淺野 悟史 助教
時任 美乃理 特定助教

分野ホームページ

概要

地域の自然および社会資源の適切な評価と利用を通じ、都市と農村の均衡ある発展のあり方を実証的に研究している。「地域資源」が本研究分野の重要なキーワードであり、その場所にある人、文化、歴史、自然などを最大限に活用し、人と自然が調和した地域の望ましい発展を追求している。具体的には、フィールド調査にもとづき、空間情報技術(GIS・リモートセンシング)を援用し、質的・量的分析を組み合わせながら、地域に存在する社会的な課題の解決に取り組んでいる。近年は国内・東南アジア諸国を中心として研究活動を展開しており、フィールド調査やアンケート調査などから地域計画の基本となる地域の自然・社会特性を明らかにし、課題解決に向けた実践的活動を行っており、以下に挙げる研究を実施すると共に、その成果を現地に還元することにも力を入れている。

  • 超学際的アプローチによる地域活性化(国内農村部)
  • 土地・資源利用の実態と地域レジリエンス(ベトナム中部農村部および沿岸部)
  • 持続可能な発展を目指した農村開発(インドネシア、フィリピン、インド等)
  • 地域アイデンティティの定量化と地域計画策定への応用(モロッコ)
  • 文化的景観の統合的価値と持続的発展(インド)
  • 地域統計情報を用いた空間データマイニング


fig2

ベトナム山岳少数民族への聞き取り調査

地元との協働による地域資源の再興(国内農村部、水田の冬期湛水)