加藤 智大

分野紹介

社会基盤親和技術論

役職

助教

連絡先

Tel: 075-753-5114
E-mail: kato.tomohiro.6u*kyoto-u.ac.jp (replace * with @)

経歴・職歴

2018年3月 京都大学工学部 地球工学科卒業

2020年3月 京都大学大学院工学研究科 都市社会工学専攻修士課程修了

2020年4月-2021年9月 京都大学大学院地球環境学舎 地球環境学専攻博士後期課程

2020年4月-2021年9月 日本学術振興会特別研究員 DC1(工学)

2021年10月- 京都大学大学院地球環境学堂 助教

所属学会

地盤工学会、土木学会、材料学会

研究キーワード

地盤環境工学、土壌地下水汚染、地盤改良、土木工学

業績一覧

researchmap

京都大学教育研究活動データベース

主要な学術論文

  • 加藤智大,井本由香利,保高徹生,勝見 武(2021):自然由来重金属等含有土壌のカラム試験で濃度が単調減少する物質の溶出特性評価,地盤工学ジャーナル, 16,No. 3,pp. 209-220.(https://doi.org/10.3208/jgs.16.209)
  • Kato, T., Gathuka, L.W., Okada, T., Takai, A., Katsumi, T., Imoto, Y., Morimoto, K., Nishikata, M. and Yasutaka, T. (2021): Sorption-desorption column tests to evaluate the attenuation layer using soil amended with a stabilising agent, Soils and Foundations, Vol. 61, No. 4, pp. 1112-1122.(https://doi.org/10.1016/j.sandf.2021.05.004)
  • Gathuka, L.W., Kato, T., Takai, A., Flores, G., Inui, T. and Katsumi, T. (2021): Effect of acidity on the attenuation performance of sandy soil amended with granular calcium-magnesium composite, Soils and Foundations, Vol. 61, No. 4, pp. 1099-1111. (https://doi.org/10.1016/j.sandf.2021.05.007)
  • 加藤智大,井本由香利,保高徹生,勝見 武(2021):カラム吸着試験に基づく分配係数の取得方法が吸着層の性能評価に及ぼす影響の考察,地盤工学ジャーナル, 16,No. 2,pp. 131-141.(https://doi.org/10.3208/jgs.16.131