森 晶寿

分野紹介

地球益経済論

役職

准教授

連絡先

  • E-mail: mori.akihisa.2a[at]kyoto-u.ac.jp

経歴

2000年 京都大学大学院経済学研究科博士後期課程修了
2002年 京都大学地球環境学堂助教授
2007年 同准教授
博士(経済学・地球環境学)

所属学会

・環境経済・政策学会(理事,2006年4月-2012年3月及び2014年4月〜2020年3月)
・Asian Association of Environmental and Resource Economics

 (理事・事務局長:2010年4月〜2019年8月;副会長:2019年8月~現在)
・国際公共経済学会(幹事,2011年12月)
・国際開発学会

最近の研究内容

(1)持続可能なシステムへの移行戦略(エネルギー・交通・財政・農業等)

(2)一帯一路戦略の影響分析

(3)グローバルな環境・気候変動資金メカニズム

その他は,

http://sansai.ges.kyoto-u.ac.jp/GES_Directory/Pages/interview/report/interview15_Mori.html

主要著書

(1)『環境援助論:持続可能な発展目標実現の論理・戦略・評価』,有斐閣,2009年(2010年環境経済・政策学会奨励賞,2010年国際公共経済学会学会賞)

(2)China’s Climate-Energy Policy: Domestic and International Impacts, Routledge, 2018年7月(編著)

(3)Green Growth and Low Carbon Development in East Asia, Routledge, 2015年5月 (共編著)

(4)『グローバル社会は持続可能か』(シリーズ環境政策の新地平第1巻),岩波書店,2015年5月(共編著)

(5)The Green Fiscal Mechanism and Reform for Low Carbon Development, Routledge, 2013(共編著)

(6)Environmental Governance for Sustainable Development, United Nations University Press, 2013(編著)

(7)『環境政策統合』ミネルヴァ書房,2013年(編著)

(8)Democratization, Decentralization and Environmental Governance in Asia, Kyoto University Press, 2012(編著)

(9)『東アジアの環境政策』,昭和堂,2012年(編著).

(10)『温室効果ガス25%削減:日本の課題と戦略』,昭和堂,2010年(共編著).

(11)『東アジアの経済発展と環境政策』ミネルヴァ書房,2009年(編著).

(12)『中国の環境政策:現状分析・定量評価・環境円借款』京都大学学術出版会,2008年(共編著).

教科書

(1)『環境政策論』,ミネルヴァ書房,2014年(共著)


(2)『環境経済学講義』,有斐閣,2008年(共著)

 

主要論文

(1)Mori, A., 2020. Foreign actors, faster transitions? Co-evolution of complementarities, perspectives and sociotechnical systems in the case of Indonesia’s electricity supply system, Energy Research & Social Science 69, 101594, https://doi.org/10.1016/j.erss.2020.101594.

(2)Mori, A., 2019. Temporal dynamics of infrasystem transition: The Case of Electricity System Transition in Japan, Technological Forecasting and Social Change 145: 186–94, https://doi.org/10.1016/j.techfore.2017.05.003.

(3)Mori, A., 2018. Sociotechnical and political economy perspectives in the Chinese energy transition, Energy Research & Social Science 35: 29-36.

(4)Mori, A. and L. Dong, 2018. Impact of the resource boom in the 2000s on Asian-Pacific energy exporting countries, in Mori, A. (ed.) China’s Climate-Energy Policy: Domestic and International Impacts, Routledge, 123-53, https://doi.org/10.4324/9781351037587-8.

(5)Mori, A., 2018. Impact of the China-induced coal boom in Indonesia: A resource governance perspective, in Mori, A. (ed.) China’s Climate-Energy Policy: Domestic and International Impacts, Routledge, 167-97, https://doi.org/10.4324/9781351037587-10.

(6)森 晶寿,グローバル・タックス収入の支出の効果:国際医療品購入ファシリティと京都議定書適応基金の事例,上村雄彦(編著)『グローバル・タックスの理論と実践―主権国家体制の限界を超えて』日本評論社,145-70頁,2019年3月.

(7)森 晶寿,東アジアの地域環境ガバナンス―到達点と課題―,『経済論叢』(京都大学)191 (2), 160-180頁, 2017 年3月.

(8)森 晶寿,東アジアの環境問題:環境経済・政策学会20年間の研究の蓄積と展望,『環境経済・政策研究』9 (1): 28-37頁,2016年3月.

(9)森 晶寿,東アジアの経済発展と環境協力,亀山康子・森 晶寿(編著)『グローバル社会は持続可能か』(シリーズ環境政策の新地平第1巻),岩波書店,163-83頁,2015年5月.

(10)森 晶寿,欧州委員会のインパクトアセスメント—統合的政策決定プロセス実現の政策革新—,森 晶寿(編著)『環境政策統合—日欧政策決定の改革と交通部門の実践—』,ミネルヴァ書房,91-113頁,2013年3月.

 (11)森 晶寿,タイ:エリート民主主義が阻んだ環境政策,森 晶寿(編著)『東アジアの環境政策』,昭和堂,129-143頁,2012年10月.