多田 悠人

分野紹介

統合環境学設計論

役職

助教

連絡先

Tel:
E-mail: tada.yuto.6z*kyoto-u.ac.jp (replace * with @)

論文

  • Tada, Y., Cordero, J.A., Echigo, S., and Itoh, S. (2020). Effect of coexisting manganese ion on the formation of haloacetic acids during chlorination. Chemosphere, doi.org/10.1016/j.chemosphere.2020.127862.

 

学会発表

  1. 多田悠人,奥田恵理香,J.A. Cordero,小坂浩司,越後信哉,賀凱,船岡英彰,倉田彰弘,伊藤禎彦 (2019). ラフィド藻類に由来するトリクロロ酢酸前駆物質の特定解析. 53回日本水環境学会年会講演集,644.

  2. 周嘉俊,多田悠人,吉野魁人 (2019). 京都大学インターンシップ報告 (香港, マカオ, 深圳). 京都大学環境衛生工学研究会,33 (2),37-40.

  3. Tada, Y., Okuta, E., Cordero, J.A., Kosaka, K., Echigo, S., He, K., Funaoka, H., Kurata, A., and Itoh, S. (2019). Characterization of trichloroacetic acid precursors originated from raphidophytes using HPLC fractionations. NOM7 IWA Specialist Conference on Natural Organic Matter in Water, Japan, oral presentation (no page number).

  4. 多田悠人,J.A. Cordero,越後信哉,伊藤禎彦 (2020). 塩素処理における共存マンガンイオンによるハロ酢酸生成能への影響. 54回日本水環境学会年会講演集,52.

  5. 藤川由季,多田悠人,奥田恵理香,J.A. Cordero,越後信哉,伊藤禎彦 (2020). HILICによる環境水中の超親水性溶存有機物の特性解析. 54回日本水環境学会年会講演集,621.

  6. 多田悠人,J.A. Cordero,越後信哉,小坂浩司,伊藤禎彦 (2021). 塩素処理におけるラフィド藻 Gonyostomum semen に由来するハロ酢酸前駆物質の特性. 55回日本水環境学会年会講演集,185.

  7. 藤川由季,多田悠人,越後信哉,小坂浩司,伊藤禎彦 (2021). HILICによる環境水中の超親水性溶存有機物の存在実態. 第55回日本水環境学会年会講演集,182.