【募集のお知らせ】国際スプリングスクール2018 -環境学-

平成29年ワイルド&ワイズ共学教育受入プログラム:国際スプリングスクール2018-環境学-

京都大学在学生(修士・博士課程在学中)の募集

 

スーパーグローバル大学創成支援「京都大学ジャパンゲートウェイ」(以下JGP)環境学分野において、京都大学在学中の修士課程、博士課程の学生を対象とした短期の国際共同教育プログラム“国際スプリングスクール2018-環境学-”に参加する学生を募集します。

 

募集定員: 6 名

 

申請条件:

‐京都大学の修士課程または博士課程に在学する学生で、現在の指導教官から本プログラムへの参加についての推薦を得ることができる学生(研究生、ポスドクは認めない)

‐本プログラム修了後も所属研究科で、修士課程および博士課程のプログラムを継続して行う者

‐海外の参加学生と環境学分野の知見について、英語で意見交換、議論を実施する能力を有する者

 

参加機関: 2018年2月22日~3月14日

 

プログラムの内容:            

本プログラムは、地球環境学堂が提携する、欧米・アジアなどの海外の協力大学から短期交流学生12名を短期間(3週間)受け入れ、「エネルギー」「食」「都市と農村の関係性」の3つをテーマについて、地球環境学堂が提供するフィールド講義や特別講義、研究室の研究事例や分析技術の紹介、近畿の多様なフィールドの視察を通して理解を深めるとともに、参加者間の英語によるディスカッションを実施し、各テーマの諸課題や可能性について、深く考え、グローバルな視点、ローカルな視点など多面的な思考を育成していくプログラムです。

(プログラムの詳細は、別添を参照)

 

学習分野:

環境工学、海洋生態学、大気環境化学、農学、土壌学、人間環境科学、環境学等

 

受けられる補助:

– フィールド視察/研修にかかる移動費

– フィールド視察/研修時の宿泊補助(5000円 / 1泊)

 

自己負担すべきもの:

⁻ 事故等の保険

-フィールド視察/研修時の昼食、夕食の費用

 

単位認定:

 本プログラムによる単位認定なし(プログラムを修了した者には、修了証書を授与)

 

選抜方法・日程:

書類審査および面接

 

11月 20日:情報開示・応募受付開始

12月08日:申請書類提出締切

12月中旬: 書類審査結果通知および面接日程調整

12月中旬: 面接

12月中旬~下旬: 結果通知

 

提出書類:

  1. 申請書 (ウェブよりダウンロード)
  1. 成績表 (修士または学士のもの。新しいものが望ましい)
  2. CV
  3. 現在の指導教官からの推薦書(捺印または直筆のサインがあれば、どのようなフォーマットでもよい)
  4. 在学証明書
  5. 英語語学テストのスコア(TOEFL, TOEIC, 英検等あれば)

 

申請書類は、2017年12月8日必着のこと。

 

提出・申請先:

〒606-8501 京都市左京区吉田本町

 京都大学大学院地球環境学堂 スプリングスクール2018

 

質問・問い合わせ・相談先:

 E-mail:  160jgp.ss@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp

 (日程に関する問い合わせ(特定の日時だけ参加が難しい等)は、こちらまで)

 

 

ウェブサイト:

http://www2.ges.kyoto-u.ac.jp/en/news/

 

スケジュール・活動の詳細

 こちらから

 

申請書フォーム

 ダウンロードはこちらから

 

チラシ:

 こちらから